確定拠出年金の位置づけ

年金について

確定拠出年金は、公的年金を補うものとしてスタートした転職や退職などの雇用環境の変化にも対応できる年金制度です。
先行して実施されている米国の確定拠出年金制度名をとって「日本版401k」、あるいはDefined Contribution(確定拠出)の頭文字から「DC」とも呼ばれます。

 

確定拠出年金は3階部分

確定拠出年金は3階部分

日本の年金制度は3階建てになっています。
1階は国民年金で、誰もがみな加入しなければなりません。
2階は厚生年金や共済年金です。厚生年金は企業の従業員、共済年金は公務員等が加入する制度で、ここまでが公的年金とよばれます。 3階は企業年金(厚生年金基金、確定給付企業年金)や共済年金の職域年金部分で、それぞれの従業員、公務員等の制度です。また、自営業者には2・3階部分として国民年金基金があります。
確定拠出年金は、企業年金や国民年金とならぶ選択肢として位置づけられます。
また、確定拠出年金には<企業型年金>と<個人型年金>の2種類があります。

 

ページの上へもどる